[PR]

 脱原発を目指す台湾で5日、最初に建造された第1原発1号機が稼働40年を迎え、初の廃炉手続きが始まった。蔡英文(ツァイインウェン)政権は他の原発の廃炉も進める構えだが、先月の住民投票で「2025年まで」と区切った脱原発の目標が法律から削除されることになった。廃炉作業には入ったものの、「原発ゼロ」実現…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも