[PR]

 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は4日、ワシントンで講演し、トランプ米大統領が2回目の米朝首脳会談を開催する必要があると考えている理由について、「北朝鮮が今のところ、(非核化の)約束に従っていないためだ」と語った。政権の対北朝鮮強硬派として、6月の米朝首脳会談以降も非核化が進んでいない現…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも