[PR]

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事を差し止めるよう、沖縄県が国に求めた訴訟の控訴審で、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)は5日、県の控訴を棄却した。一審・那覇地裁判決と同様、「裁判所の審理の対象にならない」と判断した。

 控訴審判決は、県に海の財産管理権がある根拠はないとした上で、国や自…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも