(フロントランナー)作曲家・藤倉大さん 欲しい音をどこまでも追い求め

有料会員記事

[PR]

 オペラを作ることは今も昔も、作曲家にとって晴れがましい大仕事だ。30代でチャンスをつかみ、「ソラリス」をパリで初演したのは3年前のことだ。題材は学生時代に読んでとりこになったスタニスワフ・レムのSF小説「ソラリス」。台本と演出は世界的なダンサー・振付家の勅使川原(てしがわら)三郎が手がけた。

 舞…

この記事は有料会員記事です。残り965文字有料会員になると続きをお読みいただけます。