[PR]

 思い込んだら命がけ。軽薄な甘ちゃんだが、純な理想主義者でもある。堤真一が硬軟織り交ぜ、疾走して主演するストックマン医師像に、イプセンが浴びせる皮肉な笑いが透ける。近代古典「民衆の敵」(J・マンビィ演出、広田敦郎翻訳)に、現代的な解釈はさほど見られないが、本筋を見すえたオーソドックスなイプセン喜劇の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも