[PR]

 ロシア・ウラル地方のエカテリンブルクで革命政権に殺害されたニコライ2世一家のうち、皇太子アレクセイと三女マリアと見られる遺骨は、ほかの家族より16年遅れて2007年に発掘された。

 調査で首都モスクワに運ばれた2人の遺骨は、一時保管された国立公文書館で、意外な人物のものと見られる遺骨と同居した。ド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも