(ニコライ2世をたどって:7)子の遺骨、偶然にもヒトラーと

有料記事

[PR]

 ロシア・ウラル地方のエカテリンブルクで革命政権に殺害されたニコライ2世一家のうち、皇太子アレクセイと三女マリアと見られる遺骨は、ほかの家族より16年遅れて2007年に発掘された。

 調査で首都モスクワに運ばれた2人の遺骨は、一時保管された国立公文書館で、意外な人物のものと見られる遺骨と同居した。ド…

この記事は有料記事です。残り1091文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!