石炭火力への投資「日本の銀行が突出」 COP24でNGO公表

有料記事

[PR]

 世界の石炭火力発電事業者への投融資額は、日本の民間銀行が突出して多いとする調査報告書を、独とオランダのNGOが5日、ポーランドで開催中の第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)の会場で公表した。

 2016年から今年9月までに石炭火力発電事業に関連する上位120社に対して行われた投融…

この記事は有料記事です。残り315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!