水道「民営化」法、成立へ きょう午後、衆院本会議採決

有料記事

[PR]

 水道事業を「民営化」しやすくする水道法改正案が6日午後の衆院本会議で成立する見通しだ。水道の民営化をめぐっては、海外で水道料金の高騰や水質悪化などのトラブルが相次いでおり、野党側は「審議不十分」などと反発している。

 改正案は7月に衆院で可決後に継続審議になった。今国会では参院厚労委で審議が始まり…

この記事は有料記事です。残り355文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!