[PR]

 お礼を言ったあとも神田さんは黙っていた。私が骨壺(こつつぼ)を祭壇に置いても、なにも言わない。私をにらんでいたまなざしを、供花には似つかわしくないカーネーションで左右を彩られた骨壺へと移す。

 私は居住まいを正し、あらためて神田さんに一礼した。

「僕はこれで失礼します」

 川端さんたちは驚いて私を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも