[PR]

 村上春樹と司馬遼太郎。平成と昭和を代表する国民作家は、米国人にどう映るのか。「国際文芸フェスティバルTOKYO」の一環として都内で開かれた翻訳者によるトークイベントからは、国境を超える視点が気づく、日本文学の不思議さが浮き上がってきた。

 登壇したのは、村上春樹の初期作品を英訳したアルフレッド・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも