[PR]

 19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862~1918)の代表作「女の三世代」(1905年)が来春、初来日する。東京都美術館で開く「クリムト展 ウィーンと日本1900」(4月23日~7月10日、朝日新聞社など主催)で展示される。同館などが6日、発表した。展覧会は今年のクリムト没後100年と来年の日本オーストリア友好150周年を記念して開催する。

 円熟期に描かれ、ローマ国立近代美術館が所蔵するこの作品は縦横171センチの油彩、カンバス画で、壁画などを別にすればクリムト最大級の作品という。

 画面中央の若い母親は安らかに眠る幼子を胸に抱き、夢見るかのように目を閉じている。左側では老女が立ち尽くしうなだれる。生と死の円環に関心を寄せていたクリムトが、人間の一生を幼年期、青年期、老年期に分けて寓意(ぐうい)的に描いた。同じ女性の一生を表現したとの解釈もある。

 東京都美術館の後、愛知県の豊田市美術館(7月23日~10月14日)に移して開かれる。

こんなニュースも