[PR]

 書が、暇をもて余した者の戯技(ざれわざ)だとは決して思わないが、墨を磨(す)る暇と余裕がなければ、筆など執らなければよい。

 (石川九楊)

     ◇

 考えが浮かんでから筆を執るのか、逆に書きながら考えるのか。存外むずかしい問題である。いずれにしても筆を執るまでに心を整える時間が要る。急須で茶…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも