[PR]

 ■「翻訳」の極意、禅と響き合う思想

 『大拙』を読んでいると、日本の近代思想史はもちろん、日本の近代美術史はおろか、近代から現代に至る世界思想史までもが根本から書き換えられていくようで、めまいに近い感覚を覚える。鈴木大拙といえば、誰もが瞬時に「禅」を思い浮かべるはずだ。しかし、その内実と未知の可能…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも