[PR]

 先の見えぬ混迷のうちに2018年が暮れゆく。求心力を失う政権が続き、今やレームダック(死に体)化は世界規模で政治のキーワードとなった観がある。

 地方選挙の敗北によりドイツのメルケル首相も台湾の蔡英文総統も与党の党首を辞任した。英仏両国とも政権の統治力低下は著しく、欧州連合(EU)の結束は移民問題…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも