[PR]

 夏目漱石の代表作であり、代表的な近代小説でもある「こころ」。漱石の作品の中でも人気の高い小説です。学生である主人公の「私」に遺書を残して自殺した「先生」をめぐる謎。これまであまりに情緒的か、あまりにゴシップ的かどちらかの読み方をされてきました。「こころ」には何が書かれているのか。俳人の長谷川櫂さん=写真=が、新たな視点と手法で真相に迫ります。

 ◇24日[月]午後1時~2時30分、新宿住友ビル。3888円。申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)

 (朝日新聞社後援)

こんなニュースも