[PR]

 種目別で争う大会最終日は、愛知・スカイホール豊田で男女計5種目が行われ、男子の平行棒は世界選手権代表の萱和磨(順大)が14・550点で制した。谷川翔(同)がカルロス・ユーロ(フィリピン)と14・400点で並び2位。鉄棒は世界選手権個人総合3位のニキータ・ナゴルニー(ロシア)が14・275点で勝ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも