[PR]

 全日本柔道連盟は10日の理事会で、この秋にあった中学生の大会で、中学2年の男子選手が絞め技をかけられて一時的に意識を失い、その後に頸髄(けいずい)損傷と思われる症状が出た、と報告した。大会は全柔連主催ではなかったが、選手の保護者から連絡があったという。男子選手は一時、手にしびれが残ったという。全柔…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも