[PR]

 週明け10日のニューヨーク株式市場は、大企業でつくるダウ工業株平均が小幅に反発し、前週末比34・31ドル(0・14%)高い2万4423・26ドルで取引を終えた。一時は同500ドル超下落する場面もあった。

 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長が逮捕された事件などで、米中対立への懸念が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも