辺野古工費「2.5兆円」、国計画の10倍 沖縄県試算

有料会員記事

[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事の総事業費は2・5兆円にのぼり、防衛省の当初計画の約10倍になる、と沖縄県が試算した。完成までの期間も13年はかかると見込む。沖縄県による試算は初めて。

 試算の内容は、玉城デニー知事が11月28日の安倍晋三首相との会談で伝えた。

 総事…

この記事は有料会員記事です。残り530文字有料会員になると続きをお読みいただけます。