[PR]

 日本相撲協会の評議員会が11日、東京・両国国技館で開かれ、10月に協会を退職した元貴乃花親方(元横綱)に退職金と功労金を支払うことを決議した。金額は非公表。元親方は理事を4期8年務め、春場所部長などを歴任。金額は協会の規定に沿って決められ、退職金は約1千万円、功労金は数千万円とみられる。

こんなニュースも