[PR]

 ひょうご震災記念21世紀研究機構(五百旗頭真〈いおきべ・まこと〉理事長)と朝日新聞社などが主催する、21世紀文明シンポジウム「新潟県中越地震15年 人口減少・高齢社会を見据えた震災復興と教訓の伝承」への申し込みは、来年1月22日(火)までに、メールかファクス、郵便で。

 件名を「21世紀文明シンポジウム」として、(1)氏名(2)所属・団体(3)郵便番号・住所(4)電話番号・メールアドレスを明記し、〒651・0073 神戸市中央区脇浜海岸通1の5の2「ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究戦略センター」(gakujutsu@dri.ne.jp FAX078・262・5122)へ。問い合わせは同機構(078・262・5713)。

 ◇2月5日(火)午後1時~5時、新潟市民プラザ(新潟市中央区西堀通6 NEXT21 6階)

 ◇基調講演 平井邦彦・長岡造形大学名誉教授

 ◇パネル討論 森民夫・前長岡市長、稲垣文彦・中越防災安全推進機構統括本部長、田村圭子・新潟大学危機管理本部危機管理室教授、高橋渉・新潟日報社報道部デスク

 ◇総括 五百旗頭真・兵庫県立大学理事長、今村文彦・東北大学災害科学国際研究所所長、黒沢大陸・朝日新聞大阪本社科学医療部長

 ◇定員500人。無料、先着順

 ◇後援 内閣府政策統括官(防災担当)、復興庁、総務省消防庁、新潟県、兵庫県、新潟市、関西広域連合

こんなニュースも