[PR]

 滋賀県草津市の飛鳥~室町時代の集落遺跡、榊差(さかきざし)遺跡で、金銅仏の光背(こうはい)をつくるためとみられる奈良時代前半(8世紀前半)の鋳型(いがた)がみつかった。市教育委員会が12日発表した。飛鳥~奈良時代の仏像の光背の現存例は少なく光背の鋳型がみつかるのは初めて。

 市教委は土地区画整理事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも