[PR]

 とびきり日あたりの良い部屋が、最後の安息を得られるはずの居場所だった。

 だが、彼女の、うつろなまなざしは、もはや、ひえびえとした闇しか見えていなかった。

 二十代半ばで肺を病み、福井県の小浜に帰郷した山川登美子は、1909(明治42)年、29歳で永眠するまでの1年余り、死の床に横たわっていた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも