つらい経験、スポーツがあれば乗り越えられる 虐待・うつ・難民…支える大会続々

有料記事

[PR]

 家庭や学校などで困難を経験した人たちがスポーツ大会に参加する動きが広がっている。一方で、「フリースクールの子が頑張るなんて」と好奇の目で見られたり、「遊びよりも学校や仕事が先」と批判されたりすることもある。大会に携わる人は、意義を訴え、理解を得ようとしている。

 10月に東京であったフットサル大…

この記事は有料記事です。残り1268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント