[PR]

 真知子さんはきょとんとするだけだったが、神田さんが「おい、息子」と聞き咎(とが)めた。「自分の親父(おやじ)の話をしてるんだぞ、なんだ、その言い方は」

 神田さんを怒らせてしまうのは覚悟していた。それでも、「どうでもいい」――ほかに言いようがなかった。

 私は努めて落ち着いた口調で言った。

「『息…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも