[PR]

 防衛省が、航空機や艦船などの部品納入を控えた国内の防衛関連企業62社に対し、代金の支払いを2~4年先延ばしする契約への変更を求めている。来年度の予算編成が大詰めを迎えるなか、米国製装備品の購入が急増していることを受け、当面の支払いを減らす狙いと見られる。

 変更後の契約では、ボルトやナットといった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも