[PR]

 ■転向を扱った父と子の老老小説

 86歳になる著者の8年ぶりの小説である。90代の父と70代の息子との関わりを描いた“老老小説”で、登場人物たちの覚束(おぼつか)ない足取りに加え、文芸誌に6年かけて断続掲載されたこともあり、蹌踉(そうろう)の歩み、という印象をまず受けた。

 自伝的な長編小説とはい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも