[PR]

 2017年3月26日。当時四段の藤井聡太七段(16)が、偉業がかかる舞台に立っていた。第14回詰将棋解答選手権のチャンピオン戦だ。3日前にプロ初戦から10連勝を果たし、過去の記録と並んだばかりだった。

 玉将の捕まえ方を考える詰将棋は、攻める側は王手をかけ続け、玉側は最も手数がかかる応手を選ぶのが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも