[PR]

 新国立劇場(東京)の演劇部門で芸術監督に就いた演出家・小川絵梨子のシーズンが9月から始まった。得意の翻訳戯曲で手堅いスタートを切った。40歳。これまでで最も若い。観客も作り手も、劇場が若い世代にアピールできる道を模索する。

 1作目はカミュの「誤解」(稲葉賀恵演出)、次はハロルド・ピンターの「誰も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも