[PR]

 神田さんは、どうせ最初から私の答えはわかっていたのだろう、しつこく食い下がることはなかった。

「もういいよ、わかった。考えてみりゃ、ノブさんだっておまえには悪いことしたと思ってるだろうし、連れて帰られても、かえって居たたまれなくなりそうだしな」

「……ええ」

 祭壇の骨壺(こつつぼ)に目をやった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも