[PR]

 ■思想史家・渡辺京二

 《1953年秋、4年半を過ごした結核療養所を出ると、左翼系の文芸誌「新熊本文学」の編集を始めた》

 文学で革命を目指そう、と思ったのです。そう言われても、いまの若い人にはピンと来ませんね。文学の表現によって思想を広め、大衆を革命運動に組織していこう、というわけです。食べる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも