[PR]

 「お母ちゃんの骨は 口に入れるとさみしい味がする」。この原爆詩「ヒロシマの空」の作者、林幸子(1929~2011)の孫にあたる。

 原爆で両親と弟を奪われた祖母。でも、自分からは語らない。原爆詩の朗読会で吉永小百合さんがいつも読む作品だとは、幼いころから知っていた。東京の高校で新聞部に入り、体験を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも