[PR]

 ムンクやフェルメールにルーベンス、ボナール。秋の東京は、西洋美術の巨匠展が並び立つ華やかさだった。しかし残念ながら、今年は消えてしまった存在の話から始めざるを得ない。

 東京大の食堂に飾られていた宇佐美圭司の大作絵画が改修に伴い廃棄されていたことが今春、発覚した。

 福島市では、公共施設前に置かれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも