(回顧2018)文芸 想像することで救われる今

有料会員記事

[PR]

 2月に相次いで世を去った作家の石牟礼道子さんと俳人の金子兜太さん。言葉によって尊厳と自由をつかもうとした2人に、今の世界はどう映るだろうか。

 ノーベル文学賞の発表が見送りに決まったのは5月。選考するスウェーデン・アカデミーの関係者によるスキャンダルを受けて。今年の分は来年あわせて発表するというが…

この記事は有料会員記事です。残り2329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら