印刷を担った天文学者たち 東京・印刷博物館で企画展

有料会員記事

[PR]

 コペルニクスが地動説を唱えた16世紀、学者の多くは印刷者(印刷業者)を兼ねていた――。東京・江戸川橋の印刷博物館で開催中の「天文学と印刷」展は、印刷が天文学に与えた影響を探った面白い切り口の企画展だ。

 コペルニクスの『天球の回転について』が出版されたのはドイツのニュルンベルク。出版都市と呼ばれる…

この記事は有料会員記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。