[PR]

 宮内庁は19日、大礼委員会を開き、新天皇が新穀を神々に供え五穀豊穣(ほうじょう)を祈る来年の大嘗祭(だいじょうさい)を行う「大嘗宮(だいじょうきゅう)」の規模を前回よりも2割強縮小する方針を決めた。建物の一部の縮小化やプレハブ化などで経費抑制に努める。だが人件費の高騰などで総工費は前回を上回る見通…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも