介護職員の処遇改善策 厚労省

有料記事

[PR]

 厚生労働省は19日、消費増税による増収分を使った介護職員の処遇改善策をまとめた。一定の要件を満たした事業所に対し、10年以上の経験を積んだ介護福祉士のうち少なくとも1人について月約8万円以上の賃上げを求めることが柱。

 この日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の分科会に改善策を提示し、了承された…

この記事は有料記事です。残り169文字有料会員になると続きをお読みいただけます。