[PR]

 「増補双級巴(ぞうほふたつどもえ)」は、石川五右衛門を描いた諸作品を幕末期に取り合わせたもの。前半は主に「木下蔭狭間(このしたかげはざま)合戦」、後半は「釜淵(かまがふち)双級巴」に拠(よ)っている。明治・大正まで主に上方歌舞伎で伝承されてきたが、その最終走者の一人が、上方出身の父を持つ初代中村吉…

この記事は有料会員記事です。残り647文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも