(評・舞台)国立劇場「通し狂言 増補双級巴―石川五右衛門―」 衣鉢を継ぎ、真骨頂

有料記事

[PR]

 「増補双級巴(ぞうほふたつどもえ)」は、石川五右衛門を描いた諸作品を幕末期に取り合わせたもの。前半は主に「木下蔭狭間(このしたかげはざま)合戦」、後半は「釜淵(かまがふち)双級巴」に拠(よ)っている。明治・大正まで主に上方歌舞伎で伝承されてきたが、その最終走者の一人が、上方出身の父を持つ初代中村吉…

この記事は有料記事です。残り646文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!