(評・舞台)新国立劇場「スカイライト」 想いのラリーに深み

有料記事

[PR]

 家庭を持つ男性と若い女性が恋愛関係になり、一旦(いったん)は別れる。男の妻が病死し、子供に理解がある時、彼らはやり直せるか。イギリス演劇界の巨星、デイビッド・ヘアの戯曲は、ふたりを隔てる新たな障害物の正体を、ヒリヒリした痛みを伴う会話の果てにあぶり出す。

 彼女たちが味わうのは恋の甘い痛みだけでは…

この記事は有料記事です。残り603文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!