第18回大佛次郎論壇賞 『新復興論』 小松理虔氏

有料記事

[PR]

 第18回大佛(おさらぎ)次郎論壇賞(朝日新聞社主催)は、福島県のローカルアクティビスト(地域活動家)、小松理虔さん(39)の『新復興論』(ゲンロン)に決まった。東日本大震災の被災地に自ら根ざしつつ、観光を軸にした未来形の「復興」の在り方を論じた。来年1月30日、東京・内幸町帝国ホテルで、朝日賞

この記事は有料記事です。残り3913文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。