[PR]

 第18回大佛(おさらぎ)次郎論壇賞(朝日新聞社主催)は、福島県のローカルアクティビスト(地域活動家)、小松理虔さん(39)の『新復興論』(ゲンロン)に決まった。東日本大震災の被災地に自ら根ざしつつ、観光を軸にした未来形の「復興」の在り方を論じた。来年1月30日、東京・内幸町の帝国ホテルで、朝日賞…

この記事は有料会員記事です。残り3915文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3915文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3915文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも