[PR]

 広島県府中町の町立府中緑ケ丘中学校3年の男子生徒(当時15)が2015年12月、誤った「万引き」の記録に基づく進路指導を受けた後に自殺した問題で、遺族が町に慰謝料など約6700万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴したことが20日、わかった。

 提訴は12月5日付。第三者委員会の報告書などによると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも