[PR]

 第2次世界大戦中、日本本土の軍需工場に動員された韓国人元徴用工と遺族ら1103人が20日、韓国政府を相手に1人あたり1億ウォン(約1千万円)、総額1103億ウォン(約110億円)の賠償を求める集団訴訟をソウル中央地裁に起こした。

 元徴用工や元日本軍兵士とその遺族らでつくる原告団は、1965年の日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも