[PR]

 国立劇場(東京)の歌舞伎は、2019年も尾上菊五郎劇団で幕を開ける。演目は「通し狂言 姫路城音菊礎石(ひめじじょうおとにきくそのいしずえ)」。城を舞台に展開するお家騒動だ。例年趣向たっぷりの舞台をつくってきた菊五郎は「お客さんも待っていると思う。あっと言わせたい」と語る。

 作品は、国立劇場が1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも