(大志 藤井聡太のいる時代)飛躍編:4 創作も傑出、中学2年で色紙に書いた27手詰め

有料記事

[PR]

 「四段 藤井聡太」「持駒 飛角角桂」。名古屋市北区の「らあめん専門店 陣屋本店」の店内には、藤井聡太七段(16)の色紙が飾られている。藤井は近くに将棋の研究室を構える師匠の杉本昌隆七段(50)と店に時折来るようになった。棋士になりたての中学2年の時、サインに書いたのは座右の銘ではなく、自作の詰将棋

この記事は有料記事です。残り605文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント