[PR]

 ■思想史家・渡辺京二

 《渡辺京二さんら「水俣病を告発する会」は裁判闘争を支える一方で、1971年暮れから約1年半、自主交渉派の患者らと共にチッソ東京本社前に座り込んだ》

 患者さんの中には政府や裁判所に頼らず、チッソと直談判して、人として当然の謝罪と償いを受けようという人たちがいました。それが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも