[PR]

 内戦が続くシリアからの米軍の撤退表明を受けて、ポンペオ米国務長官は21日、イラクのアブドルマハディ首相と電話で会談し、「イラクへの関与を続けていく」と伝えた。イラク首相府が22日、発表した。イラクでの影響力維持・拡大を狙うイランを牽制(けんせい)する意図があるとみられる。

 イラク首相府によると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも