[PR]

 土砂災害の危険があるとして、都道府県が指定を進める「土砂災害警戒区域」が全国で54万2千カ所あり、10年前の6倍以上に増えたことが国土交通省のまとめでわかった。相次ぐ災害を受け、自治体が指定を急いだとみられる。西日本豪雨では区域内で犠牲者が集中し、指定が実際の避難行動に結びついていない現状も浮き彫…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも