野党共闘、際立つ不協和音 立憲「単独主義」、参院選へ連携進まず

有料記事

[PR]

 約6年となる安倍政権。自民1強が続く要因の一つは「多弱」野党だ。最大野党の立憲民主党は無所属の会(無会)の一部の会派合流を決めたものの「単独主義」をとり、旧民進勢力の結集は否定する。来年の参院選を前に、野党は共闘関係よりもきしみが目立つ。

 ■立憲と国民、京都で「代理戦争

 「幹事長のおひざ元…

この記事は有料記事です。残り1306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!